礼服 喪服

女性 礼服 喪服 違い

女性にとって、
礼服と喪服の違いって、
何でしょう?

 

まずは喪服からみていきましょう。

 

喪服は、弔事に着る服ですよね。
お葬式、葬儀やお通夜、法事などの時に
着るための服です。

 

喪服の中でも?

正喪服
準喪服
略喪服

の3つあります。

 

正喪服
葬儀で遺族や親戚が着る喪服のこと。
黒無地のワンピースやスーツ、
アンサンブルになります。
(一周忌までは正喪服です)

 

肌の露出は避けるのがマナーなので、
夏でも長袖が基本です。
襟元は詰まったもので、スカートの丈も
膝下がいいでしょう。

 

準喪服
葬儀で一般の弔問客が着たり、親族の抱擁
(三回忌以降)で着る服です。

 

正喪服との違いは?
流行を適度に取り入れたデザインんものでも
問題ないということ。

 

まあ、喪服に流行を取り入れる必要も
ないとは思いますが。。

 

夏は半袖でも問題ありません。
ちょっと後ろめたさがあるなら?
七分袖にするとか。

 

略喪服
一般弔問客で、急な弔問やお通夜などに
呼ばれたときに着て行く服です。

 

遺族よりも格を下げるのが基本というか
マナーなので、黒だけでなく濃紺や
濃いグレーなどの色でもOKです。

 

地味なワンピースやアンサンブル、
スーツ等でも構いません。

 

ちなみにブラウスの色は?
正喪服、準喪服の場合は黒で。

 

略喪服であれば、ブラウスは
白でもいいんですが、
周りの目もありますよね?

 

「あの人、弔事なのにブラウス白だよ。。」

 

なんて陰口をたたかれるリスクが
あることを考えると?
ブラウスは黒かグレーにしておくのが
無難です。

 

 

礼服は?
冠婚葬祭の場面で着るもんですね。
(フォーマルウェアとも呼ばれています)

 

礼服の場合は?

正礼装
準礼装
略礼装
平服

の4つに分かれます。

 

喪服は弔事限定なのに対して、
礼服は?

 

冠婚葬祭なので、喪服は礼服の中の
1つという位置づけになりますね。

 

ちなみに男性の場合、礼服を1着持っていれば
結婚式にもお葬式にも着て行けます。

 

ネクタイの色を変えればよい
だけですからねw

 

ただ、女性の場合は?
喪服を結婚式に着て行くというのは
さすがに場違いというか、、
デザインが適していません(;´・ω・)

 

結婚式に着て行く服ということであれば?

 

こんな服がおすすめです。

結婚式向けドレス

 

結婚式で着る礼服というか
パーティードレスは?

 

華やかなほうがいいですからね♪